git-flow で 「リリースを完了」 「ホットフィックスを完了」 させようとすると、 master にマージされずに失敗する

Git における、有名なブランチの運用モデルのひとつに、 “A successful Git branching model” (日本語訳) というものが存在する。

内容については、「サルでもわかる Git 入門」さんの、以下の解説がわかりやすい。

上記のブランチの運用モデルを簡単に行うための git-flow 拡張が存在し、 Git for Windows 2.5.3 以降に標準で同梱されている。
また、 Git GUI クライアントの SourceTree では、 上記の git-flow が使いやすい UI にまとめられている。

そんな便利な git-flow だが、あるときふと気づいたら、私の手元の環境でうまく動かなくなってしまっていた。

具体的には、
リリースブランチ を完了させた場合、
160625_1
本来であれば、以下のように release/* の内容が masterdevelop ブランチにマージされて タグが作成されるはずが、
160625_2
なぜか master ブランチにマージされずに、 変な場所に タグ が作成されてしまう。
160625_3

リリースを完了させた時だけではなく、ホットフィックスを完了させた場合も同様になる。

不便きわまりない!

原因は 身に覚えのない git config の設定

続きを読む