PDF のページを好きなサイズの png 画像に変換する たった1つのステップ

document.location = document.getElementById('page1').toDataURL();

Firefox で PDF 開いて任意のサイズで表示し、 開発者コンソール (F12キー) で上記のコード実行すれば、png 画像になって表示される。
あとはその画像を「名前をつけて保存」すればいい。

続きを読む

TypeScript の async/await を Electron で使ってみる

TypeScript とは、 いわゆる altJS のひとつで、 ECMAScript (JavaScript) に静的型付けを加えたスーパーセットとなるプログラミング言語だ。
この TypeScript には、 ES6 (ECMAScript 6, Harmony) 相当のコードから ES5, ES3 にコンパイル (トランスパイル) する機能のほか、 ES7 で予定されている一部の機能を先取りし ES6 にコンパイルして使用することもできる。

そんな時代を先取りした機能の一つが “async/await” だ。

“async/await” とは 2012年に C# 5.0 とともに登場した記述方法で、 これを使うと、 非同期な処理を コールバック地獄にならず、 あたかも同期的な処理のように書くことができる。
同様の記述が、最近 Python 3.5 でもサポートされ、これからの非同期処理のスタンダードとなるだろう。

しかし、 TypeScript で async/await を使うには コンパイル後の ECMAScript の実行環境が ES6 をサポートしていなくてはならない。
現行のブラウザのシェアを考えると、 ES6 をサポートしないブラウザ (主に IE, Safari だが) を切り捨てる選択肢はちょっと厳しい。

一方でサーバサイド JavaScript として有名な node.js では、最近になって組織の変更のおかげで開発が活発化し、 ES6 のサポートが入ってきている。
しかし、 node.js はサーバサイドの技術。 クライアントアプリで使えた方がいろいろな用途で使えて夢が広がる気がする。

そこで Electron ですよ。

Electron (旧 Atom-Shell) とは、 Chromium の HTML5 と node.js の技術を使って、クロスプラットフォームのデスクトップアプリを作れるアプリケーションエンジンだ。

JavaScript エンジンごと中に内包しているため、 OS や インストールされたブラウザのバージョンを一切気にせずに HTML5 アプリケーションが作れるという、 IE に苦しめられている諸兄には夢のような技術 (?) だ。
Slack のデスクトップクライアントや、Visual Studio Code なんかも、 Electron を使って作られている。

そしてこの Electron は node.js の技術を使っていると述べたとおり、 ES6 がつかえるではないか!

…ということで、 Electron + TypeScript で async/await を使ってみようと思う。

続きを読む

XPath で、Doctype 宣言以外のコメントだけ抜き出す

DOM level3 に対応したブラウザで使える、 javascript の document.evaluate であれば、XPath ですべてのコメントを抜き出すときに、

var result = document.evaluate("//comment()", document, null, XPathResult.ORDERED_NODE_ITERATOR_TYPE, null);

等としておけば問題ないが、一部の HTML パーサでは、HTML の DOCTYPE 宣言もコメントとして扱ってしまうものがある。
…と言うより、 “<!” で始まって、”>” で終わるものはすべてコメントとして扱ってしまうような場合について。
続きを読む

IEではhtmlのid属性がwindowのプロパティになる

JavaScriptでは、varによる変数宣言をしていない場合、グローバルオブジェクト(window)のプロパティとして扱われる。
IEでは、htmlのid属性が、このグローバルオブジェクトのプロパティになってしまうらしい。

以下のコードで、「click!」というアラートが出たら、 window.btn01 に button の DomElement が入っているということになる。(Firefox や Chrome 等では、エラーになってなにも表示されないはず)

<button id="btn01" onclick="alert(btn01.innerHTML);">click!</button>

しかも jQuery が有効な状態で、

btn01 = null;

などとやろうとすると、btn01 変数にはすでに button の DOM が入っているのと、IE8とjQueryの相性の問題で、IEではエラーになってしまう。

まぁ、

var btn01 = null;

と、var つけてやるだけでOKだし、そもそもIE9ではエラーにならないので、古いブラウザ使うなってコトでFAでもよい気がしないでもないけどね…
とはいえ、9/1現在、IE8がシェア35%と圧倒的なので無視できないのよねぇ
参考: 日本のバージョン別ブラウザシェアグラフ (StatCounter Global Statsより)

WordPress Theme Designer のテーマのバグ

今現在のこのブログは、Techy boxのフリー版を少し改造して使っている。
(…と言っても、サイドバーを左に移動しているだけだが)

トップページ

何が気に入ったかって、ページの頭にFeaturedが画像付きでどんどんスライドしていくところ。
…ところが、なんか1週目のループの調子がおかしい。
どうもバグがあるようだ。

続きを読む

VBA / VBS で正規表現による関数を使った置き換え

JScriptのString.replaceメソッドは非常に便利だ。
置き換え文字列に、「文字列」ではなく「関数」が使えるところが意外と使える。

"test0 test1".replace(
    /\w+(\d)/g,
    function($0,$1){return (Number($1)+1).toString();})

てな具合に。

普段はWSHではVBSなんぞ使ったりしないが、
たまにどうしてもVBAやVBSを使わなくてはならない場合がある。
そんなときにそれっぽい動作をする様なのを、
不完全ながら自作してみた。
続きを読む

WSHで強制的にcscriptで起動させつつエラーは出す

JScriptで、ダブルクリックしたときにコマンドプロンプトで強制的に起動するとき
こんな感じで起動してやると、
Echoがたくさんあっても大変なことにならず、
しかもエラーコードもしっかり返すことができる。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
function CRun(){
    if (!(/CSCRIPT\.EXE/i).test(WScript.FullName)){
        var WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
        var strParam = "";
        for (var i = 0; i < WScript.Arguments.Count(); i++){
            strParam += " \"" + WScript.Arguments(i).replace("\"", "\"\"") + "\"";
        }
        WScript.Quit(WshShell.Run("cmd.exe /v:on /s /c \"cscript.exe //nologo \""
            + WScript.ScriptFullName + "\""
            + strParam + " & pause & exit /b !ERRORLEVEL!\"", 8, true));
    }
}
CRun();
WScript.Echo("CScript!");
WScript.Quit(8);

環境変数の遅延展開をつかって、ERRORLEVELを戻しているのがミソ。
これで、エラーが起きたときの処理もできる。
私は業務を軽減するツールとか作るときに割とよく使う。