System.Data.SQLite の NuGet パッケージ のうち どれをインストールするべきか

この記事は、(この記事が初公開された日を基準にして) 4年前に投稿された

の記事のフォロー記事だ。

Visual Studio 2012 に標準で含まれて以降、 NuGet を使ってライブラリパッケージをインストールすることが標準的になった。
しかし、 System.Data.SQLite に於いては、 NuGet パッケージの方も相変わらず多くのパッケージが公開されているので、 これらについてもどれをインストールすべきか解説してみようと思う。 160620_1

Entity Framework Core について書いたひとつ前の記事の

とは異なり、 こちらの記事は Full .NET で SQLite を使う場合で、 特に Entity Framework 6.x と組み合わせる際に有用な内容となっている。
(残念ながら、 System.Data.SQLite は .NET Core では使えないのだ。)

公開されている NuGet パッケージ

続きを読む

DI っぽく EF Core 1.0 + SQLite を Full .NET と .NET Core のコンソールアプリケーションで使ってみる [Entity Framework Core]

しばやん御大の Entity Framework Core についての以下の記事を読んで、


コンソールアプリでも、 ソースコードに 接続文字列 や ログの設定を書かずに、設定ファイルから Dependency Injection (依存性の注入: 以下DI) するにはどうしたらよいのかな? と思ったので、 ASP.NET Core の流儀を参考にしながら やってみようと思う。

データベースは、扱いが簡単な SQLite にする。

記事の最後に、 Visual Studio 2015 ですぐに使えるサンプルプロジェクトを用意しているので、 手っ取り早く結果を見たければ、 そのサンプルプロジェクトを見てみてほしい。

実現すること

まずは、何を実現させるのかをハッキリさせておこう。

  1. 接続文字列と ログ表示の設定を、外のファイルから指定すること
  2. マイグレーションなどを行うため、 EF Tools からも、上記設定が利用されるようにすること

ここで言う EF Tools とは、Entity Framework Core の コマンドラインツール のことだ。
このツールを使うと、 パッケージマネージャーコンソールから Add-Migration とか Update-Database と実行したり、 dotnet.exe から dotnet ef コマンドを 実行することで、 コード生成やマイグレーションなど を利用することができる。

EF Tools でデータベースを取り扱う際、その接続文字列は DbContext に設定されたものが使用される。
コード内に接続文字列を書いてしまうと、マイグレーションするためのデータベースファイルが決め打ちになってしまい、変更ができなくなる。
このため、 EF Tools を実行した際も、依存性の注入が行えるようにしたい。

前準備

続きを読む

VS Express で .NET Core の xUnit.net を使ったテストのデバッグを行う

.NET で 単体テストと言えば、いまや xUnit.net が事実上の標準となっている。
ASP.NET Core や .NET Core のドキュメントでも、単体テストは xUnit.net を使うように案内されている。

ところが Visual Studio の Express Edition 系列 の テストエクスプローラは、 xUnit.net に対応していない。
それでも Full .NET Framework や dnx では、そのままテストプロジェクトを「実行」してしまえば、とりあえずデバッグ実行はできていた。
しかし、 .NET Core + dotnet-test-xunit では、それすらもできなくなってしまい、 dotnet test コマンドの出力を確認するしかなくなってしまった。

デバッグ実行ができないのは流石に不便… ということで、デバッグ実行を行うハックを紹介しよう。

# ライセンス的に Visual Studio Community 使えるのなら、そちらを使うべき。
# ただ、たとえ Express ではなくても、 この方法を使うと xUnit.net の出力が文字化けする問題も防げるぞ。

エントリーポイントを作成し、コンソールプロジェクトにする

続きを読む

.NET Core での コンソールアプリの文字化けを直す

だいぶ予定が遅れたようだが、 .NET Core 1.0 の RC2 が5月中旬にリリースされた。

2000年に初めて .NET がリリースされてから、 mono が登場したりといったことはあったものの、 16年越しでついに クロスプラットフォームのアプリケーションを作成できる環境が、マイクロソフト公式から提供された。

ということで、さっそく .NET から VS2015 DotNetCore Tools Preview 1 をインストールして、 Hello World を書いてみよう。

using System;
using System.Text;

namespace netcore_console_test_01 {
    public class Program {
        public static void Main(string[] args) {
            Console.WriteLine("はろー わ~るど!");
        }
    }
}

160530_1

…文字化けするぞ!!?

続きを読む

PowerShell で 配列をシャッフルする

コード

PowerShell で 極力簡単に配列をシャッフル (ランダムにソート) する方法。
速度や制度などはガン無視して、簡単に書けることを重視。

$shuffled = $array | sort -prop @{Exp={[Guid]::NewGuid()}}

ハイ終わり。

検証

ホントに実用的なシャッフルになっているか心配なので、実際に 0~19 のシャッフルを 2000 回行って、先頭に来た数字と、10 が来たインデックスを集計してみる。

$r = 0..1999
$r | %{ $r[$_] = 0..19 | sort -prop @{Exp={[Guid]::NewGuid()}}; }
$r | %{ $_[0] } | group | Format-Table -AutoSize
$r | %{ $_.IndexOf(10) } | group | Format-Table -AutoSize
Count Name Group
----- ---- -----
  104 16   {16, 16, 16, 16...}
   91 19   {19, 19, 19, 19...}
  111 8    {8, 8, 8, 8...}
  102 7    {7, 7, 7, 7...}
   95 18   {18, 18, 18, 18...}
  105 3    {3, 3, 3, 3...}
   95 12   {12, 12, 12, 12...}
   83 15   {15, 15, 15, 15...}
  100 17   {17, 17, 17, 17...}
   89 5    {5, 5, 5, 5...}
  103 13   {13, 13, 13, 13...}
  103 11   {11, 11, 11, 11...}
  101 10   {10, 10, 10, 10...}
  110 4    {4, 4, 4, 4...}
  100 6    {6, 6, 6, 6...}
   88 2    {2, 2, 2, 2...}
  123 9    {9, 9, 9, 9...}
   92 1    {1, 1, 1, 1...}
  107 0    {0, 0, 0, 0...}
   98 14   {14, 14, 14, 14...}

Count Name Group
----- ---- -----
  102 17   {17, 17, 17, 17...}
   93 15   {15, 15, 15, 15...}
  100 9    {9, 9, 9, 9...}
  109 18   {18, 18, 18, 18...}
   91 4    {4, 4, 4, 4...}
  104 5    {5, 5, 5, 5...}
  111 3    {3, 3, 3, 3...}
  107 7    {7, 7, 7, 7...}
   83 1    {1, 1, 1, 1...}
  106 10   {10, 10, 10, 10...}
  101 13   {13, 13, 13, 13...}
   93 8    {8, 8, 8, 8...}
  111 16   {16, 16, 16, 16...}
  101 0    {0, 0, 0, 0...}
   83 2    {2, 2, 2, 2...}
  104 14   {14, 14, 14, 14...}
  103 12   {12, 12, 12, 12...}
   98 11   {11, 11, 11, 11...}
   81 19   {19, 19, 19, 19...}
  119 6    {6, 6, 6, 6...}

だいたい 100 に収束しているし、問題ないんじゃない?

とはいえ、 Guid クラスは、一意性はある程度期待できると書かれているものの、ランダム性は特に言及されていない。
出現にパターンがある可能性もあるし、厳密にランダムである必要がある場合は、使わない方がいいかもしれない。

続きを読む