pipenv の仮想環境のフォルダ名のルール

Python におけるパッケージ管理と言えば、 以前は virtualenv/venv で仮想環境を作成し、 pip を使って その仮想環境にパッケージをインストールするのが、おなじみの方法だった。

node.js の npm や .NET の dotnet restore などに慣れている人々にとっては、 環境の管理やパッケージの管理が別々だったり、 ひとつのファイル+ひとつのコマンド で環境を復元できないのは、 ソースコード管理がスマートにできず、非常に面倒に感じる。

このため、 Python にも 仮想環境・パッケージ管理を統合するツールがいくつも生まれては消えていった。
そして、最近になってついに、 Python.org 公式が推奨する Python パッケージ管理ツールとして、 pipenv というものが登場したようだ。 (→ Python.org)

pipenv の仮想環境の場所

pipenv install コマンドを使ってパッケージをインストールすると、 npm の package.json にあたる Pipfile というファイルがカレントディレクトリにできあがるが、 npm の node_modules にあたるようなパッケージがインストールされた仮想環境のフォルダは、カレントディレクトリは(標準の設定だと)作成されない。 1

その仮想環境のフォルダの場所は pipenv --venv コマンドで調べることができる。
Windows の場合は、 %USERPROFILE%/.virtualenvs/ に、環境毎のサブディレクトリが作成されているはずだ。

その仮想環境ディレクトリの名前の前半は、 Pipfile が存在するフォルダの名前になるが、 最後の9文字はなにやらランダムのような名前がつけられている。
例えば、 D:/pipenv/ で pipenv を初期化した場合、 %USERPROFILE%/.virtualenvs/pipenv-LAdtM08T/ が作成されるだろう。

はたして、この文字は何なのか?

続きを読む