プロキシ環境下で Ansible AWX をインストールする Playbook を作る

構成管理ツール (いわゆる Infrastructure as Code(IaC)) の中でも比較的易しいと言われる Ansible。
その Ansible の運用を省力化してくれるツールとして Ansible Tower というものがあり、そのコミュニティ管理版 (OSS版) が AWX だ。

その AWX がインストールされたサーバを作成する Playbook を作ろうとしたら意外と手間取ったので、そのメモ。

なお、インストール先は CentOS 7 である。
AWX のインストールは、 公式ビルド済み docker イメージを Docker Compose を使ってコンテナ化する方法 を使った。

11/21: 追記

docker-compose の PyPI (pip) パッケージが 1.25.0 に更新後、 CentOS 7 (正確には、 Python 2 系を使っている環境) で docker-compose のインストールや実行がうまくいかなくなった。
(commit:719a1b0 で) subprocess32 に依存するようになり、 gcc 等のビルド環境のインストールが別途必要になったためだ。

それに加え、たとえ gcc をインストールしても、依存パッケージの python2 対応が不十分なようで、 docker-compose 実行時にエラーになってしまう。

docker/compose#7030 の Issue には挙がっているが、修正されるかどうか不明なため、一つ前の 1.24.1 を使うことで回避するように、コードを修正した。

python2 ツラい。。。
しかし、 2020年にサポート切れになった後も、 CentOS 7 が生きているしばらくの間はこの辛みと付き合わなければならないようだ。
ツラい。。。

追記ここまで

最終的な Playbook

続きを読む

Proxy 下で vscode の WSL 上の他の拡張機能のインストールに失敗する

プロキシ環境下の vscode で、 WSL 上で拡張機能を動かしたいのに、 インストールインストールに失敗する問題を解決するメモ。

前回の↓の記事は、 『Remote – WSL 拡張が有効にできない』問題だったが、今回は『Remote – WSL 拡張 を有効にした後、その環境上で他の拡張機能がインストールできない』問題なのでちょっと違う点に注意。ややこしいね。

遭遇した問題

Visual Sutdio Code (以下、 vscode) へ 無事に Remote – WSL 拡張機能 の “VS Code Server for WSL” のインストールが完了し、 Windows 上から 快適に WSL の環境にアクセスできるようになった。
しかし、 いくつかの vscode の拡張機能は、 Windows 上の環境とは別に WSL 上の環境で改めてインストールしなくてはならない。

そこで、 UI 上の案内に従って各拡張機能で “Install in WSL” を行ったところ、 プロキシ環境下だと以下のエラーが発生してインストールに失敗する問題に遭遇した。

Failed to install extension

パネル上の OUTPUT タブで “Log (Remote Server)” の情報を見ると、以下のようなエラーが発生しているのがわかる。

[remoteagent] [error] Failed to install extension: {拡張機能ID} connect ECONNREFUSED 13.107.6.175:443

settings.json ではプロキシの設定しているし、更には WSL 上の環境変数 (http_proxy, https_proxy) にだってプロキシを入れている。
更には(前述の)前回の記事に倣って、 WSL のコンソール上から code . の立ち上げまで行ってみた。

それでも解消しない。何故だ。

なお、試した vscode のバージョンは、 August 2019 (version 1.38.1) だ。

“Remote [WSL]” 用の設定ファイルを書き換える

続きを読む