楽天をサブ回線にして Rakuten Link (Office) で発信すると非通知になる問題を解消する

楽天の株主優待制度の eSIM が届いたので、 Rakuten UN-LIMIT VI 廃止以来久々に楽天回線を利用した。
MNP できないため、サブ回線としてデータ通信のみで使っている。

以前と比べると、楽天回線 (2024年現在 Band 3 のみ) に繋がる場所も増えてきているし、パートナー回線(au)との切り替えもスムーズで、確かに進化を感じる。

さて、 Rakuten 回線のメリットの一つに、 Rakuten Link (株主優待回線の場合は Rakuten Link Office) を使うと、通話料が無料となる点がある。

特に発信元の電話番号にこだわりの無いところに電話する場合は、主回線ではなく Rakuten Link で電話することで通話料金を節約できる訳だ。

ところが、どうも Rakuten Link で電話をかけたとき、主回線の時と比べて電話に出てもらえないことが多い気がする。
もしやと思って自分自身に電話をかけてみたところ……


ああ、非通知設定で発信されているでは無いか。

この問題を解消しよう。

Rakuten 回線にしても非通知のまま

軽くググると、「Rakuten Linkで発信すると非通知になるのですが、どうすればよいですか?」という、直球そのままの FAQ が公式サイトに見つかる。

Wi-FiやVPNの接続を切り、楽天モバイルの電波に接続したうえで発信してください。

下記の通信環境に該当する場合、非通知での発信になる場合があります。

非通知になりやすい通信環境

  • 発信者が楽天モバイルの電波に接続できておらず、Wi-Fiにのみ接続している場合
  • 発信者が楽天モバイルの電波とWi-Fiの両方に接続しているが、LTEが弱く実質的にWi-Fiにのみ接続している場合

ところが、 Wi-Fi を切った上で、 LTE Discovery (5G NR) などを使って Band 3 の楽天回線に繋がっている事まで確認できた状況でも、 Rakuten Link での発信は非通知のままだ。

通話回線も Rakuten 回線にする必要がある

改めて上記のページを下の方までよく読むと、

デュアルSIMをご利用の場合

モバイルデータ通信、通話/音声回線を楽天モバイルに設定してください。

なるほど、 SIM が2枚以上の場合は通話回線・音声回線共に Rakuten 回線にする必要があるのか。

※通話/音声回線の設定を「常に確認」「その都度確認」のように、通話のたびに使用する回線を選択する設定にしている場合も非通知となりますので、ご利用の製品の設定をご確認ください。

電話番号の発信元偽装の対策が緩すぎるって怒られでもした結果、 発信直前に VoLTE がどこに繋がっているのか Rakuten の回線内で確認するようになったんかねぇ?

とりあえず、

モバイルネットワークの設定で、通話の方も Rakuten に切り替えたところ、無事番号通知で発信されるようになった。

この状態だと当然主回線の電話に出られなくなるので、用が済んだらさっさと通話回線を主回線のものに戻しておく。

--

…とまぁ、答えは公式サイトにしっかりと書かれていたのだが、多少の思い込みもあって解決まで少しハマってしまったので、備忘録がてら記事にしておく。

Raspberry Pi 5 に Ubuntu 24.04 LTS を入れて SSH するまで

ついに日本でも、 Raspberry Pi 5 の技適対応モデルが発売された。

Raspberry Pi にインストールする OS と言えば、まずは Raspberry Pi OS (旧 Raspbian) だが、同じ Debian ベースの Ubuntu も Raspberry Pi 向けの公式イメージを出している。

但し、 Raspberry Pi 5 に対応しているのは、 Ubuntu 23.10 (コードネーム: mantic) 以降のみとなる。

Ubuntu 23.10 自体は「非LTS」バージョンとなり、サポートが 9ヶ月 (2024年6月まで) と短い。
常用するなら、サポートが 5年 (ESM なら 10年) と長い LTS バージョンが望ましい。

そこで今回は 2024年4月25日 にリリースされたばかりの、 24.04 LTS (コードネーム: noble) を使って、 ディスプレイやキーボードが無い状態でインストールから SSH 接続までやってみよう。

Raspberry Pi 5 をターゲットに書いているが、 Raspberry Pi 3, 4, Raspberry Pi Zero 2 W でも同じ手順でできるはずだ。

TL;DR

準備するもの

  • Raspberry Pi 5
    • Raspberry Pi 3, 4 でも同じ手順でいけるはず
  • 4GB 以上の micorSD カード
    • IOPS が高い、「アプリケーションパフォーマンスクラス」が A2 のものが良いだろう。値段や速度を考えると、実用上は 64GB 以上になるだろうか。
    • 私は、ARCANITE 64GB microSDXCカード 【A2】、UHS-I U3、V30、4K、C10 値段の割にパフォーマンスが良かったため、これを使った。
    • 後述するが、最終的には NVMe SSD にした方が断然良い
  • microSD を書き込める PC (Win, Linux, mac)
  • インターネットに繋がる Wi-Fi または イーサネットケーブル

以下もあると便利だが、今回の手順では無くても問題ない。

  • micro-HDMI で繋がるディスプレイ 又は 変換コネクタ
  • RasPi に繋げる USB キーボード

イメージファイルの取得

続きを読む

NEC IXシリーズルーターでポートVLANとタグVLANをVLANスイッチ的に併用する

この記事では、 GE0, GE1 の 2つの "デバイス" を持つ NEC の IX2105 ルーターを例に、1カ所のスイッチングハブ用のデバイスの中で ポートVLAN と タグVLAN を併用し、スイッチングハブのトランクポートやアクセスポートのように使う方法について説明する。

はじめに

国内の中規模オフィス向けのルーターとして、 Yamaha や Cisco がよく知られているが、 NEC も UNIVERGE IXシリーズ を提供している。

Yamaha の RTXシリーズ と価格帯が近いものの、 NEC の IXシリーズ には、 Yamaha と比べてもわりと柔軟な構成を行える利点がある。

一方で Yamaha と比べた場合、 NEC の IXシリーズ の設定方法を調べるのは少し…いや、だいぶ難しい。
書籍や Web 記事、公式マニュアルなど、ドキュメントや設定例の全てに於いて、 Yamaha と比べて著しく情報が少ないためだ。

そんな IXシリーズ を使って、ポートVLAN と タグVLAN を併用する方法について紹介しよう。
(この併用も、Yamaha の RTX で同一ポート内で実現するのは難しい機能のひとつだ)

なお、同じ UNIVERGE でも LTE や Wi-Fi などのワイヤレス機能を持った WAシリーズ では、 VLAN 周りのコマンド体系が異なるため、このページの方法は使えない。

設定例として挙げている IX2105 は 2019年9月30日をもって販売を終了 しているが、マイナーバージョンこそ Ver.10.2 までに留まるものの不具合修正は続いている。
(例えば後継の IX2106 だと 10.2系 は Ver.10.2.26 までで終了し、最新版は Ver.10.8.21 となっている)
中古ならヤフオク等で二束三文で手に入るし、最新 FW (ソフトウェア) も NEC に "UNIVERGE IXシリーズ ソフトウェアダウンロードサイトへの接続申請書" を出せば手に入るので、練習機としてはもってこいだ。

ゴール

以下のような構成を行う。

  • 既定ではスイッチングハブとなっている、 GE1 デバイスの4つの物理ポートを、以下の3つに分割する
    • タグ付き通信を行う(即ちトランクポートとなる)1番ポート
      • 但し、管理VLAN 的に使うため、 untag のフレームも受け付ける
    • VLAN100 の通信を untag で行う(即ちアクセスポートとなる)2番ポート
    • VLAN200 の通信を untag で行う(即ちアクセスポートとなる)3, 4番ポート
  • 各 VLAN それぞれで DHCP サーバによる異なるセグメントの IP アドレスの割り当てを行う
  • GE0 デバイスでは NAT (NAPT) を行い、 GE1 デバイスの各セグメントからのルーティングも受け付ける

先に最終的な構成を載せておくと、以下のようになる。

続きを読む