Hyper-V 等の VM 上にプロキシと DNS を立てる

本ブログでは、ちょいちょいプロキシ環境下での設定方法を紹介しているが、
そういったプロキシ環境下での動作の検証のため、以下を満たすプロキシサーバーを立てたい。

  • OS は Ubuntu 24.04
  • squid によって 8080 ポートにて HTTP プロキシする
  • bind9 によって自身のアドレスを proxy.example.com として名前解決する DNS サーバーとなる

とりあえず、 squid と bind9 をいれて、設定ファイルを必要最低限書き換えてみよう。

export CURRENT_IP_ADDRESS=`hostname -I | tr -s ' ' '\n' | tail -n 1`
sudo apt -y install squid bind9 bind9utils
sudo sed -i -r -e 's/^(#\s*)(http_access allow localnet)/\2/' -e 's/^http_port 3128/http_port 8080/' /etc/squid/squid.conf
sudo sed -i -e 's%^\s*\(//\)\?\s*forwarders {%        forwarders {\n                8.8.8.8;\n        };\n\0%' -e 's%^};%\0\nzone "proxy.example.com" in {\n  type master;\n  file "proxy.example.com.zone";\n};%' /etc/bind/named.conf.options
sudo tee /var/cache/bind/proxy.example.com.zone << EOF > /dev/null
\$TTL 86400
@       IN      SOA     proxy.example.com. root.proxy.example.com. (
                        2023070301      ;Serial
                        3600            ;Refresh
                        1800            ;Retry
                        604800          ;Expire
                        86400           ;Minimum TTL
)
@       IN      NS      proxy.example.com.
@       IN      A       $CURRENT_IP_ADDRESS
EOF
sudo systemctl restart squid named

これだけ。

環境変数 CURRENT_IP_ADDRESShostname -I コマンドで自身の IPアドレス の一つを設定しているが、あらかじめアドレスがわかっているなら、手動で設定しても良い。

(Hyper-V の場合)「内部ネットワーク」経由で同じネットワークに所属する、別の VM で DNS のアドレスを上記サーバーのアドレスにして、直接インターネットに繋がるネットワークから切断すれば、プロキシ経由を想定した通信のテストが行える。

export http_proxy=http://proxy.example.com:8080; export https_proxy=$http_proxy
curl https://example.com

https://example.com の HTML が返されれば成功だ。

SwitchBot S10: 初ロボット掃除機の実利用レビュー

SwitchBot お掃除ロボット S10 を購入し、1ヶ月ほどガッツリ使ってみたので、そのレビューをしてみようと思う。

これまで長年 dyson のスティック掃除機を使っていた層なので、そこからの乗り換えの観点で良し悪しや、妥協しなければならない注意点などをまとめている。

ざっくりまとめると、

良い点は

  • 水拭きがストレスフリー
  • 想像よりマッピングがかなり賢い
  • 段差の乗り越え能力が高い
  • お手入れ時期をアプリが教えてくれるのがものぐさに嬉しい

気を付ける点は

  • 我が家の椅子の下がギリギリ通れない
  • 2回掃除させた方が良い
    • 吸引力マックスで2回はバッテリーが保たない
  • カーテンを押しのけてくれない
  • Google Assistant 連携が不完全

というところ。

詳しく見ていこう。

SwitchBot お掃除ロボット S10 の特徴

S10 の特徴は「水拭きの給排水含め真の全自動」の一言に尽きる。
SwitchBot お掃除ロボット S10 | 世界初革新的な「水道直結⤫リアルタイムモップ洗浄設計」

以前から水拭き対応のロボット掃除機には興味はあったが、毎回手動でのウェットシートの付け替えや、頻繁なタンクの汚水交換など、手間が必要なものばかりだった。
我が家の大人はものぐさなので、そんな面倒なのはすぐに使わなくなるのが目に見えていた。
排水をサボったら、タンクにカビまみれになりかねない。そんなのはゴメンである。

ところが、 2023年にクラウドファンディングが発表された S10 は違った。

洗濯機のバンの前に電源不要な給排水用のウォーターステーションを設置するだけで、給水・排水に加え、モップの洗浄や乾燥までやってくれる。
「これなら我が家でも運用できるかも!?」と思わせる物だった。

クラファンは EarlyBird でも $900 、今の円安だと15万円近くと流石に高額過ぎたので、国内の正式発売を待っていた訳だ。

SwitchBot のロボット掃除機シリーズ

現在、 SwitchBot のロボット掃除機には、

  • S1 (S1/S1 Plus W)
  • K10 (K10+)
  • S10

の3シリーズある。

名前が似ていてややこしい上、一部(買いもしないでレビューしてる)質の悪い記事では、 S10 と K10 を混同して書いていたりするので、注意が必要だ。

主な違いは以下の通り。

続きを読む