Hyper-V 等の VM 上にプロキシと DNS を立てる

本ブログでは、ちょいちょいプロキシ環境下での設定方法を紹介しているが、
そういったプロキシ環境下での動作の検証のため、以下を満たすプロキシサーバーを立てたい。

  • OS は Ubuntu 24.04
  • squid によって 8080 ポートにて HTTP プロキシする
  • bind9 によって自身のアドレスを proxy.example.com として名前解決する DNS サーバーとなる

とりあえず、 squid と bind9 をいれて、設定ファイルを必要最低限書き換えてみよう。

export CURRENT_IP_ADDRESS=`hostname -I | tr -s ' ' '\n' | tail -n 1`
sudo apt -y install squid bind9 bind9utils
sudo sed -i -r -e 's/^(#\s*)(http_access allow localnet)/\2/' -e 's/^http_port 3128/http_port 8080/' /etc/squid/squid.conf
sudo sed -i -e 's%^\s*\(//\)\?\s*forwarders {%        forwarders {\n                8.8.8.8;\n        };\n\0%' -e 's%^};%\0\nzone "proxy.example.com" in {\n  type master;\n  file "proxy.example.com.zone";\n};%' /etc/bind/named.conf.options
sudo tee /var/cache/bind/proxy.example.com.zone << EOF > /dev/null
\$TTL 86400
@       IN      SOA     proxy.example.com. root.proxy.example.com. (
                        2023070301      ;Serial
                        3600            ;Refresh
                        1800            ;Retry
                        604800          ;Expire
                        86400           ;Minimum TTL
)
@       IN      NS      proxy.example.com.
@       IN      A       $CURRENT_IP_ADDRESS
EOF
sudo systemctl restart squid named

これだけ。

環境変数 CURRENT_IP_ADDRESShostname -I コマンドで自身の IPアドレス の一つを設定しているが、あらかじめアドレスがわかっているなら、手動で設定しても良い。

(Hyper-V の場合)「内部ネットワーク」経由で同じネットワークに所属する、別の VM で DNS のアドレスを上記サーバーのアドレスにして、直接インターネットに繋がるネットワークから切断すれば、プロキシ経由を想定した通信のテストが行える。

export http_proxy=http://proxy.example.com:8080; export https_proxy=$http_proxy
curl https://example.com

https://example.com の HTML が返されれば成功だ。

MicroK8s で kustomization.yaml を apply すると error: accumulating resources になる問題

MicroK8s で kustomization.yaml を apply した際に、 error: accumulating resources が発生する問題についてのメモ。

端的に言うと、snap でインストールした MicroK8s で、内部的に git コマンドが実行される操作をすると、おかしくなる模様。

発生する問題

snap で MicroK8s をインストールし、 kubectl apply -k する。
このとき、Kustomize に指定する kustomization.yaml には、直接的または間接的に remote directory 方式のリソースを参照する。

$ sudo snap install microk8s --classic --channel=latest/stable
$ cat << EOF > ./kustomization.yaml
resources:
- https://github.com/kubernetes-sigs/kustomize//examples/helloWorld/?timeout=120&ref=v3.3.1
EOF
$ microk8s kubectl apply -k .

すると、以下のようなエラーが発生する。

ホストOS に git がインストールされている場合:

error: accumulating resources: accumulation err='accumulating resources from 'https://github.com/kubernetes-sigs/kustomize//examples/helloWorld/?timeout=120&ref=v3.3.1': URL is a git repository': failed to run '/snap/microk8s/6364/usr/bin/git fetch --depth=1 https://github.com/kubernetes-sigs/kustomize v3.3.1': /usr/lib/git-core/git-remote-https: symbol lookup error: /snap/core20/current/lib/x86_64-linux-gnu/libpthread.so.0: undefined symbol: __libc_pthread_init, version GLIBC_PRIVATE
: exit status 128

ホストOS に git がインストールされていない場合:

error: accumulating resources: accumulation err='accumulating resources from 'https://github.com/kubernetes-sigs/kustomize//examples/helloWorld/?timeout=120&ref=v3.3.1': URL is a git repository': failed to run '/snap/microk8s/6364/usr/bin/git fetch --depth=1 https://github.com/kubernetes-sigs/kustomize v3.3.1': fatal: unable to find remote helper for 'https'
: exit status 128

ワークアラウンド

続きを読む