ideapad Miix720 Core i7 16GB ~2018年のベストバイ~

01/15 追記: 価格.com のページは残っているが Lenovo の直販ページへのリンクが切れていて、どうも Lenovo 直販モデルの扱いがなくなってしまっているようだ…
販売代理店モデルはまだあるようなのだが、そちらはメインメモリサイズが 8GB にとどまってしまっている。
CES 2019 で後継モデルが発表されたのかと思いきや、そんなことは全くなく、リーズナブルな Surface ライクのサイズ&性能のモデルがなくなってしまったのが残念でならない…

唐突だが、 2018 年のベストバイだった Lenovo の 2-in-1 タブレット, Miix 720 の Core i7 16GB モデル をレビューしたいと思う。
(2018年中の記事0は悲しいからね)

のっけから話の腰骨を折るが、 このモデルの発売日は 2017年 の夏ごろで、 2018年 に発売されたものではない。
にもかかわらず挙げているのは、 2019年も迫る現在でもこの端末に相当する良機が見つからないからだ。


購入経緯

まず、私はこれまで Surface Pro 2 (Core i5, 256GB SSD, 8GB Memory) を使っていた。
2013年当時は、 ペン同梱の本体と Type Cover をセットにしても14万円くらい購入ができた。
かれこれもうまる5年使っているので、 バッテリーがヘタヘタだし、 少しの衝撃で勝手に再起動されるようになってしまったので、 これの代替になるマシンが欲しかったのだ。

そこで、 2018年 にこれから数年使うために求めたのが以下の通り。

  • 筆圧対応ペン付きタッチパネル搭載 ラップトップ または 2-in-1
  • メモリは 人権 最低 8GB, できれば 16GB
  • ストレージは 256GB 以上
  • モニターは WUXGA 以上
  • SD または micro SD カードスロット

これを、 Surface Pro 5 や 6 で揃えようとすると、
8GB メモリですら 16万円、 16GB メモリにこだわると 27万円 などというとても手が出さない値段になってしまう。

ところが、この Miix720 であれば実質 12万円 ですべてがそろってしまうのだ。


Surface Pro 2 と比べると、ふた回りでかいが、携帯性は高いので全然問題ない。


主な仕様と特徴

主な仕様は以下の通り。

続きを読む

さらさらと消えゆくしょぼーん

書くことないというか、ホント正直時間内からなんだが、
ホントどうでもいいことをボソリ。

どんどん砂のように風化していくショボーンのAAが好きなのだが、
これ「さらさらと消えるショボーン」と言うらしい

(´・ω・`)
(´・ω:;.:…
(´:;….::;.:. :::;.. …..

↑これ。
使いたいときにググってもなかなか出てこないのでメモ。