Pydroid で オフライン&セルフホスト の Web アプリを動かす

Pocket

運用時にネットワークにつながっていない Android タブレットで、 自作のアプリケーションを 簡単に 動かすには、どうしたらよいだろうか?

.apk ビルドしてインストールさせる?いやいや、手軽からはほど遠いだろう。

現在のトレンドは PWA で Service Worker を組み合わせてキャッシュさせる方法だろうか。
PWA 配信するには https のホスティングを用意しなくてはならないし、ブラウザのキャッシュ整理したらデータが吹き飛んでしまう。

ここで私は、 Android 上で Python を動かしてセルフホストさせる方法 を提唱したい。


Android でセルフホストする

なんと言うことはない。

  1. Android に Pydroid をインストールする
  2. Pydroid 上の pip で必要なライブラリをインストールする
  3. Pydroid で Python で書いた Web アプリを動かす
  4. ブラウザーで localhost にアクセスする

これだけだ。

試しに、


のスクリプトを動かしてみよう。

まず、 Pydroid を立ち上げ、 メニューから Pip を開く。

動作に必要なライブラリ、今回でいうと flask をインストールする。

スクリプトを実行する

ブラウザを立ち上げ、 http://localhost:5000/ にアクセスする。

まとめ

Python を使ったセルフホストであれば、
.apk をビルドしてインストールするような面倒な作業をする必要もなく、
PWA のように https のサーバを用意したり 複雑なフレームワークを使いこなす必要もなく、
ファイルをコピーするだけで、簡単にオフラインで動くアプリを作ることができる。

万人にお勧めできる方法ではないが、 Android で手軽に自作アプリを動かす方法としていかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。