Inkscapeで半透明に陰を作る

Pocket

Inkscapeで陰を作る際、パスをコピーして、ぼかして後ろに置けば簡単にできるが、
陰の元となるものが半透明の場合、当たり前だが後ろに隠れているはずの陰も透けてしまう。

Inkscapeというのは、フリーの”ドロー”ソフトで、Adobe Illustratorのフリー版というか、Gimpのドロー版というか、ロゴとかのベクターイメージを作るソフト。
多機能すぎて全然使いこなせないけど。

このサイトのロゴを書くときに気にたったので、別にたいしたテクニックじゃないけど、覚え書き程度に。

1
とりあえず、陰の元となるオブジェクトを用意。

2
コピーして、一つのパスにまとめる。

3
それをさらに陰用にコピーする

4
ぼかして、背面に移動する。

5
ぼかした部分が全部入るような、新しいパスを用意し、最初にコピーして作ったパスより背後に移動する

6
前項の2つを選択し、メニューから、[パス]→[差分 Ctrl+-]を選択する。
すると、大きなパスから、最初のパスの部分が切り抜かれる。
(このとき、最初のパスが前面にないと両方が消えてしまう)

7
前項でできあがったパスをいったん陰より前面においてから、それとパスの2つを選択し、右クリックメニューから[クリップ]を選択する。
すると、最初のオブジェクトの部分がきれいに切り抜かれた陰ができあがる。

8
あとは、最初のオブジェクトに陰を重ね合わせれば完成。

9
こんな感じで、半透明でも陰が通り抜けなくなる。

・・・ようやくこのサイトにもロゴができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。