Android版 Firefox (Fenix) で、任意のアドオンを使えるようにする

Pocket

この記事では、 Android 版 Firefox Nightly に対して、 TampermonkeyGreasemonkey などの人気のアドオン(拡張機能)を動作させる手順を紹介する。

Firefox とアドオン

Mozilla Firefox (以下 Firefox) といえば、アドオン(拡張機能)と共にあったと言っても過言ではないだろう。

デスクトップ版 Firefox で、処理速度を大幅に向上させた Firefox Quantum の登場とともに、 それまでに使えていたブラウザのアドオンの多くが使えなくなった。
そのために、ただでさえ下降気味だったシェアの低下が更に加速した (筆者調べ) のも、記憶に新しい。

そして 2020年8月、 動作がかなり重かった 旧来 の Firefox for Android (~ v68.11 コードネームFennec) を、 これまた処理速度を大幅に向上させた GeckoView 版 Firefox for Mobile (v79~ コードネーム Fenix) に更新した際にも、 Mozilla は歴史を繰り返した。
それまで使えていた多くのアドオンが Firefox Fenix では使用できなくなり、 Mozilla が認めたごくごく一握りのアドオンしかインストールできなくなってしまったのだ。

誤解して欲しくはないが、 Chrome 等と比べても UI が洗練されていて 動作が軽快な Firefox Fenix を、私はとても気に入っている。
それでもやはり、どうしてもアドオンを使いたいときがあるのだ。

どうやら、 Firefox Fenix に関しては、 技術的に旧来のアドオンが全く動かなくなった訳ではなく、 ポリシー上制限しているだけのようだ。何故そうしているのかわからないけど。

そのためか、 Firefox の実験的なビルドを提供する開発チャンネルである Firefox Nightly に対して、 任意のアドオンをインストールする手段が用意されている。

先に断っておくが、 Nightly 版を常用することはオススメしない
不安定だし、予期しない問題が発生する確率が高いからだ。

それでも、 Stable チャンネルの Firefox Fenix にはインストールできないけど、どうしても動かしてみたい拡張機能がある場合は、有力な選択肢となるだろう。

Firefox に任意のアドオンをインストールする手順

これから紹介する方法でアドオンをインストールする場合、 addons.mozilla.org にて、インストールしたいアドオンが含まれた「コレクション」を作成しておく必要がある。
ただ、その「コレクション」は自分で作ったものである必要はない。

自分でコレクションを作成するのが面倒な場合、 Iceraven Browser という Firefox Fenix 互換ブラウザー用 1 に用意された、 What I want on Fenix というコレクションを利用と良いだろう。
人気のアドオンがたくさんセットされている。

Firefox Nightly にカスタムアドオンコレクションを設定する

Firefox Nightly で初めての 1回 だけ、以下の手順を実施する。

  1. Firefox Nightly を起動し、 3点 ドットメニューから「設定」を開く
  2. 「Firefox Nightly について」をタップする
  3. 「デバッグメニューが有効です」とフローティングメッセージが表示されるまで、 Firefox のロゴを 5回 連続でタップする
  4. 「設定」に戻ると、「カスタムアドオンコレクション」という新しい項目が表示されているので、それをタップする
  5. 開かれたダイアログに、「コレクション」オーナーの ユーザーID と、コレクション名を入力する。

  6. OK をタップすると Firefox が一旦終了する

アドオンをインストールする

  1. Firefox Nightly を起動して、 3点リーダーの「アドオン」項目から、アドオン一覧を表示させる
  2. コレクション内のアドオンが一覧に表示されるようになるので、その中から、お好みのアドオンをインストールしよう

    • バージョン v87.0a1 現在、一覧に表示されるのは、コレクション内の人気順上位 50項目 だけとなっている。 もしその中にインストールしたいアドオンがなければ、別途コレクションを作成して、前述の「カスタムアドオンコレクション」の設定を書き換えよう。

アドオンはカンペキに動くわけじゃない

Mozilla がアドオンのインストールを制限しているコトからもわかるように、全てのアドオンが正常に動くわけではない。
一部 API は未実装だし、モバイルに合わせた対応がアドオン側にも必要だ。

それでも、 ユーザースクリプト (User Script) を実行させる Tampermonkey などの拡張機能は、概ね期待通り動いているように見える。

実際、 Tampermonkey を使って swf2js 自動適用スクリプト (Flash to HTML5) のソースコード をインストールしてみたところ、 ゴノレゴシリーズ の Flash 動画を、 Android 版 Firefox でもしっかり再生させることができた。

ただ、全く問題がないわけではない。

  • Greasy Fork のスクリプトインストールリンクから Tampermonkey のスクリプトインストールページにジャンプし、「インストール」をタップすると、「リクエストを正常に完了できませんでした」とエラーが表示される。
    (ただ、実際にはインストールは成功している)
  • 3点リーダーメニューの「アドオン」から開く、インストール済みのアドオンを開いて表示する設定画面は、どうも正常に動かないように見える。

    • ただ、アドオンの「ダッシュボード」から、アドオン謹製の設定画面に飛べば、正常に設定を変更できる

実装や検証が進み、これらの問題が解決され、 (Nightly ではない) 通常版の Firefox でも任意のアドオンがインストールできる日が来ることを祈るばかりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください